シャンパーニュを楽しむWEBマガジン [シュワリスタ・ラウンジ]

Menu Open

SHWA TALK

第四回 シャンパーニュと餃子と飲食業界と

by モトダタケアキ(通称:メガネ)

少子高齢化社会という言葉が日本中に溢れている昨今。飲食業界にとってもそれは重大な問題であるに違いない。若者の飲食業界離れが嘆かれているが、果たして解決策はあるのか?どうなるこれからの飲食業界の未来は?・・・・そんなこと聞かれてもワタシには分からない、分かるはずがないのである。高名な学者の方々にも誰にも分らない大問題をワタクシごときが解決できるはずがないのである。

そもそも少子高齢化を嘆き、不安がる前に、若者が減って高齢者が増えたのなら、沢山の経験や知識を持って今日の日本の礎を築いた英雄であり、本人の意思とは裏腹に世の中から勝手に高齢者扱いされている、まだまだ現役即戦力の方々をお招きしない手はないのではなかろうか?フランスや海外に目を向けると、どう見ても50~60歳を超えた方々はバリバリにビストロやカフェでサーヴしているではないか!?白髪のおじさんが蝶ネクタイをビシッとキメてリーダーシップをとっている姿は安定感があり、そんな頼もしい光景があちこちで溢れている。街角のカフェには名物ギャレソンがいるものである。そんな名物ギャレソン的存在を日本の飲食業界でも・・・・そんなことを真剣に考えている今日この頃である。

しかし、今回メインの話題はそれではない。今年5月9日に新橋と虎ノ門のちょうど中間に誕生して半年が経ちました、

『Champagne & GYOZA BAR スタンドシャン食-TOKYO新橋虎ノ門-』

シャンパーニュをもっと気軽に日常のなかで楽しんでほしい・・・という思いを込めて、フレンチのファーストフード店のような位置づけで「スタンドシャン食」が誕生しました。そして、シャンパーニュとともに食べていただきたい料理は、「シャン食ギョウザ」である。4種類のソース(タレ)やトリュフオイルにヒマラヤ岩塩など、お好みの味でお楽しみいただけます。お食事はギョウザのほかに、ムール貝のシャンパン蒸しやシャンパン食堂のシェフが仕込むフレンチオードブルの数々をご用意いたしております。

「もっと気軽にシャンパーニュを楽しむ」ための、シャンパン&ギョウザバーへ是非お越しください。

大阪の姉妹店、スタンドシャン食-OSAKA北新地- もよろしくお願いいたします m(_ _)m

 

という宣伝でした。すみません。。。

つづく・・・

 

シャンパンと餃子の人

モトダタケアキ

BACK NEXT

backnumber