シャンパーニュを楽しむWEBマガジン [シュワリスタ・ラウンジ]

Menu Open

SHWA TALK

第10回『Champagne Joie de Vivre(生きるよろこび)』賞

by 藤田礼子

5月28日、フランス大使公邸にてシャンパーニュ委員会日本事務局主催・第10回『Champagne Joie de Vivre(生きるよろこび)』賞の授賞式典が行われました。

ピエール・ムルルヴァ駐日フランス経済行使とシャンパーニュ委員会フランス本部ヴァンサン・ペラン事務局長による開会のスピーチでは、2017年に日本が世界第3位のシャンパーニュ輸出国に躍進したこと(その量、年間12,873,000本!)、また、今月初めに名古屋市の河村市長が姉妹都市提携を結ぶランス市へご訪問されたことにも触れられました。シャンパーニュの存在は、日仏の公式な関係にも弾みを与えているんですね。

今年の受賞者は、照明デザイナーの石井リーサ明理さん。フランスと日本を拠点として精力的なクリエーション活動を行い、シャンパーニュの故郷グランデスト地域圏でのプロジェクトも手掛けられたそう。「シャンパーニュのはじけるような泡の光る様子、光りを受けると様々に変化する美しい色、そして曇ったガラスの透明感。そういったものが照明・光のインスピレーションをかきたてるとともに、様々な光の演出を思い起こさせてくれる。」と照明のプロフェッショナルならではの視点でシャンパーニュを語ってくれました。

71

授賞式後のパーティで振る舞われたのは、71銘柄のシャンパーニュ。毎年このパーティに参加させていただく度に、まだ知らない銘柄が数多く存在していることに驚かされます。

今回私が注目したのは、JEEPER(ジーパー)。この名は、第二次世界対戦中、アメリカ軍と連合軍の兵士たちを絶体絶命の危機から救った若き当主が戦争で足を切断したことを知った米軍から、葡萄畑を自由に移動できるようにと四輪駆動車のJeepをプレゼントされたことに由来しているのだそう。胸にジンとくる、素敵な物語。日本での正式販売開始は、2017年の4月からというニューフェイスです。

JEEPER

 

 

シャンパーニュ委員会日本事務局
http://www.champagne.jp/

BACK NEXT

backnumber